June 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

節分

先週は節分ウイークでした。

プチの鬼は結構本格的です。本気で行きます。

泣く子もいます。怖いから今週は行きたくないという子もいるかもしれません(+_+)

しかし、私は考えるのです。怖いものが無いことの方が怖いことなのではないかと・・・

悪い行いも良い行いも誰かがどこかで君の事を見ているよ。

だから、自分でこれは良くない事だと思ったら止めよう。止める勇気を出そう。

でも、良い事をしたときだってちゃんと見てくれている人はきっといるよ。

その積み重ねが自信となって自分に返ってくるのではないかと考えています。

鬼は全部君の行いはわかっているよ=自分の周りの人も君の行いは全部わかっているよ

と、置き換えれば

プチの鬼は、社会にたくさんいるのかもしれませんね。

節分の最終日、年少クラスの女の子が怖がりながらも私(鬼)の忘れていった金棒を拾ってくれました。

「ありがとう」と、ほっこりとした気持ちで、最後はいい人(鬼?)で今年は終わることができました。

Petit-iitomo


 

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

新年早々、大変な天気になっていますが・・・

子供たちは元気いっぱいですkyu

当事業所も早いもので6年目を迎えました。

子供たちの日々の成長ぶりにはとても驚かされています。

私たちもその成長に負けないように、その成長に合わせた支援を考え続け、変わり続けていかなければと思います。

今年もプチをよろしくお願いいたします。

Petit-iitomo

※ ホームページ新しくなりました。子供たちの作品も少しですが貼ってありますのでぜひご覧ください。

クリスマス

今年もクリスマスがやってきました。
ホワイトすぎるクリスマスでしたが・・・
この二日で一気に積もってしまいました・・・
道路の渋滞等で送迎(特に送り)の時間が遅くなってしまうかもしれません。
申し訳ありませんが、ご了承願います。
プチプラン、ぷちぱっそも今週はクリスマスウィークということで、クリスマス会をしました。
サンタが来て、プレゼントをもらって、ゲームをして・・・楽しんでもらえたかな?
今年もあと少し。インフルエンザ・おたふくかぜ等流行しているようです。
今年中にしっかり治して、元気に新年を迎えてください。

Petit-iitomo

 

爆弾低気圧の影響により

明日12月18日は

プチプラン・ぷちぱっそ。営業は致しますが、送迎業務は安全上の理由より行えません。

保護者様等による、送り迎えをして頂ける利用者様のみの受入れとさせて頂いております。

申し訳ありませんが、ご了承ください。

今年は、台風の接近があった際にも、このような措置を取らせて頂きました。

基準は、市立の小中学校・幼稚園が天候不順を理由に休校とした際に、

当事業所としてこのような措置を取らせて頂いております。

天気予報が外れる事が一番良いのですが・・・

ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Petit-iitomo

競争するということの意味

争いはよいのか、悪いのか。
私は「何があっても、無くすべきものではない」と考える。
世の中を渡っていく上でも、はなはだ必要な
ものだと信じている。

孟子も「敵国や外患がないと、国は必ず滅ぶ」と述べている。
国家の発展には、外国と争って「必ず勝って見せる」という
意気込みがなければだめだ。

これは、国だけでなく、一個人についても同じだ。たとえば、
後輩の指導にあたる先輩には二タイプある。

一つは「後輩に優しく、親切に徹する」タイプだ。こういう
タイプの先輩は慕われる。だが、後輩の利益になるかどうかは疑問だ。
後輩の奮発を失わせるからだ。

もう一方は、後輩に「つらくあたる」タイプだ。
先輩がこのタイプだと、後輩は一瞬も油断できず、
一挙一動にもスキを作らないように心がけるようになる。
だから、かえって利益が大きいのだ。

渋沢栄一著 論語と算盤より

渋沢栄一さんは明治時代に活躍された日本における資本主義社会の礎を築いた人物です。
大昔から人間生活においての道徳や一般的な価値観というのは不変なんだなと思いました・・・
負けた子がかわいそうだから、みんな頑張ったんだから運動会で順位を付けませんなどという話を
少々耳にしたりすることもありますが、負けて気づく、勝ちたい、勝つにはどうしたら良い?
自分の都合の悪いところも受け入れる。やってみる。すぐには結果が出ないかもしれないけど、やってみる。
そのように考えることも成長なのでは?と改めて考えさせられました。

Petit-iitomo

 
<<back|<1234>|next>>
pagetop